次亜塩素酸水の自宅での作り方

日常生活
次亜塩素酸生成器
スポンサーリンク

次亜塩素酸水の自宅での作り方

今日は次亜塩素酸水の自宅での作り方を紹介していこうと思います。

今の世の中、新型のウイルスや従来型のウイルス等あらゆるウイルス対策が必要になっていますね。

小さな子供のいる家庭では、園からの持ち帰ってきたウイルス含むいわゆる風邪が蔓延してしまう事が多々あります。

という事で、自分の家庭で実際にやってみた最強の除菌水である次亜塩素酸水の作り方を紹介してみます。

次亜塩素酸水が特定のウイルスに対して特別効果があるかどうかなど、細かな医学的見地からの意見を発信することはできませんしやりません。質問等へのコメントも返答出来ませんので、ご理解お願いします。あくまでも、次亜塩素酸水の作り方紹介ですので、作り方と我が家での使用方法のみ紹介させていただきます。
スポンサーリンク

次亜塩素酸水の作り方実践編

では、まずは結論から。

次亜塩素酸生成器の購入が必要です。

こればかりは仕方のない事なのですが、次亜塩素酸水は水に塩を用途に合わせて溶かし込みます。

その後、機械内部で通電させ化学反応を起こさせます。

その結果、通電時間に応じて濃度の違う次亜塩素酸水を作り出す事が出来るからです。

自分が生成器を購入したころは、新型コロナ真っ盛りでそれまで最強と言われていた次亜塩素酸水がすっかり売り切れ、コロナに効くと言われたアルコールも無くなっていました。

それなら作ってしまおうという事で、大型の機械を購入し消毒液を大量に使用する老人ホームや自分の身内達に配りました。

こういった経緯があり偶々購入した機械でもあります。

量を気にせず使える

自分の場合は自宅に機械を導入したことで、色々な場所の消毒に量を気にせずに使用する事が出来るようになりました。

それだけでも非常に気持ち的にも楽ですし、トータルコスト考えてもこの先水と塩だけで消毒液が作れるので、お店で消毒液を買い続ける手間とコストを考えると安いと思います。

因みに、自分は消毒用に出かけるときも次亜塩素酸水とアルコールの二種類のスプレーを持ち歩き、二種類を同じように使用して手指消毒を行っています。

念には念を入れた対策です(^_^)

自分はこの二刀流であらゆるばい菌に対抗しているつもりです。

次亜塩素酸水は多用途

次亜塩素水は、ばい菌と引っ付いたら水になります。

家中に撒いても全然平気です。

水になるので。

調理器具や洗面周り等にも使いやすいですよね!

新築ですが、ありとあらゆる場所を定期的に殺菌消毒しています。

壁紙等色が変わった事もありません。

加湿機能付きの空気清浄機等は、タンクに少量の次亜塩素酸水を混ぜてやると内部のカビの予防になります。

消毒液のにおいが噴出してくる程入れると体には良くありませんが、意外と臭い匂いが出てくるし掃除の時にヌメヌメを取るのが大変な空気清浄機です。

霧状に加湿する物も同じく次亜塩素酸水を直接噴霧して吸い込んでしまうと体に害があるようなので、なんでも程ほどにですね。

自分はカビをまき散らしているかもしれないと思うと自分はぞっとするので、毎回自分なりの適量をタンクに入れて水とまぜて加湿器や空気清浄機の過失機能に使用してカビ対策しています。

更に、我が家では並行して紫外線殺菌と高密度オゾン殺菌を日常的に行っています。

高濃度オゾン殺菌は外出時には一番家族が長く滞在する空間に絶対やっています。

直接高濃度オゾンを吸入すると中毒症状が出るようですし、残存オゾンで体調を崩す場合もありますので、外出前にタイマー可動で帰宅時にはお部屋の臭いはスッキリです。

24時間宅内喚起も行っています。

どれも並行して行うと細かな場所まで殺菌出来てお勧めです。

少し話はそれましたが、下に次亜塩素酸水生成中の写真を載せてみました。

 

次亜塩素酸水生成中

写真の様に塩水に電気を通すと細かな泡が沢山出てきて見ていると面白いです。

そして、だんだんと消毒液の匂いに変わっていきます。

出来上がったら、ビンや対アルコール性容器に保管しておけば完了です。

機械購入費が気になる場合

機会の購入費用が掛かってしまう事が気になる方も勿論いると思います。

しかし、日常生活に消毒液が必須となってしまった今の時代、買い物に行く感染リスクが無くなり、買いに行く手間もかからなくなり、自分好みの消毒液を簡単に自宅で作れてしまうわけです。

人込みに機械を買いに行くリスクを避けて、ネットで機械を買って家に届けてもらうだけ。

あとは、水道水と家にある塩であとは作るだけです。

定期的に消毒液を人込みへマスクして買いに行く手間が無くなる事や、冬や夏は外出したくなくても外へ出なければならないデメリットを考えると、機械を買ってしまえばメリットは中々大きなものだと自分は思います(‘ω’)ノ

まとめ

  • 次亜塩素酸水生成には専用機器が必要。
  • 次亜塩素酸水は菌に触れるなどすると水に戻るので家の中でも使い勝手が良い。
  • 一度作ったら保管してその後も使用できる。
  • 機械の設定で自分に必要な濃度の次亜塩素酸水を作る事が出来る。
  • 次亜塩素酸水は取り扱い方を間違えると危険に繋がる場合もあるので要点だけは必ず押さえる事。

 

自分が購入したモデルは時が経ち過ぎていて見当たりませんでしたが、ほぼ同じもので送料無料の物が楽天で販売されていましたので記事の下の方にリンクを張っておきました。

気になる方は参考にどんなものか見てみて下さい。

今はもっと小型のスプレー型で簡単に作れるもの等いろんな商品も出ていますので。

もっと小型で安価な物を選んでみるのもいいかもしれませんね!

では、最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

 

 

タイトルとURLをコピーしました