Ninja250カスタム紹介【ツーリング仕様】

バイク
ninja250
ninja250

以前乗っていたバイクで、自分にとって初めての自動二輪だったninja250を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

ninja250カスタム紹介【ツーリング仕様】

大げさにカスタム仕様という程の事はしていませんてしたが、マフラーをMORIWAKIのスリップオンマフラーを使用していました。

とてもきれいなフォルムの外観でしたので、外観を損ね無い様にあれこれと付けないようにしていました。

また、基本的にツーリング時はバイクを離れる場合が多いため、持ち運び出来るバイク用のツーリングバッグなど使用し、車両に物を取り付けないようにしていました。

ツーリングに行く際の小物の盗難対策等は必須だと思います。

スポンサーリンク

Ninja250の思いで

このバイクは、普通自動二輪免許取得してから一番最初に購入したバイクです。

当時職場でツーリングチームを作って良く走り回っていた思い出があります。

その活動がバイク雑誌の目にとまり、個人の特集記事やツーリングチームの特集記事も組んでもらった事のある思い出のバイクです。

下手くそな自分でも風になれる、いいバイクでした。

鈴鹿サーキットの本コースを走りに行ったりもしましたが、その時が一番何も気にせずに気持ちよく走れたと思います。

写真は慣らし運転に先輩達と福井の方へツーリングに行った時の物です。

とにかく初めてでクタクタになっていたのを思い出します。

ninja250の良かった所

ZZR400を買おうか迷っていたんですが、先輩行きつけのお店の店頭で新車のninja250に出会い、3日後には現金片手に購入していました。

中国から日本に戻り、仕事も家庭も少し落ち着いていた頃で、仕事ばかりしていた自分には本当に楽しい世界でした。

なにより、パラレルツインでイマイチとか言われたりもしていたninja250ですが、自分には十分楽しいし速かったです。

逆に、街中でこれ以上の排気量の必要性が分からないです。

スムーズに車の流れにも乗れますし、高速道路でも余裕で80キロ以上の走行が可能でした。

エンジンの振動もあまりなく、快適でした。

慣らし運転が終わってから購入したモリワキのスリップオンマフラーも良い音していました。

青山高原にて

ninja250の物足りなかった点

このバイクは見た通りスポーツモデルです。

なにせ物が乗らない。

最初はリュックしょっていましたが、ツーリングとなるとしんどいので、シートバッグを買ってリアシートが書類入れになっていたのでそこに取り付けて何とか荷室を確保していましたが、シートが小さすぎて通常の取り付け方法では取り付け出来ずかなり工夫していました。

また、賃貸住まいだった為保管には苦労しました。

なぜ高価で大きな車格の二輪車も駐輪場で自転車に倒れかかられながら駐車しないといけないのか。

バイクを乗りはじめて初めて、世の中の2輪の駐車スペースの少なさと扱われ方に色々と不便や不満を感じました。

近所の子供が火傷しないように、帰る前は一度自宅近くのコンビニによってマフラーや車体が冷めてから帰宅して、直ぐにカバーを掛けていました。

桜と共に

まとめ

最初は通勤にも使おうと思っていましたが、これほど荷物が乗らないと通勤しんどいので、休みの日しか乗らなくなりましたが、休みの日の早朝から賃貸の駐輪所で改造車のエンジンかけるのも気を遣うので、離れた場所まで押して移動してからエンジンかけて暖気していました。

最終的に、家を買う前にまず第一子が産まれ、休みの日の子供の寝ている時間とはいえ早朝からバイクで走りに出かけても、もしコケたらとか、もし事故で自分が死んだらとか、そろそろ子どもの目が覚めるんじゃないかとか、頭の中が子供ばっかりになってしまい走りを楽しめなくなってしまいました。

結局、バイク乗るのが現状維持の為だけになってしまい、利便性も悪いため戸建てに引っ越す前に手放す事となりました。

本当に、サーキットを走った時が一番気持ちよくアクセル回して走ることが出来ました。

街中じゃ一瞬で制限速度なので、ギアチェンジが面倒で荷物が乗らない不便な乗り物でした。

そしてこのバイクを売った5年後、新たに娘とのバイクライフが始まることになります。

それが今乗っているN-MAXです。

やはり、街乗りは大型スクーターが便利です。

↓気になる方はN-MAXの紹介へどうぞ

N-MAX紹介記事はこちら!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~

タンデムスタイルの単独取材記事と特集記事にて私やバイクチームのバイクライフについて複数ページで紹介いただきました。コミュニティの作り方やチームの運営、わたし個人のバイクライフについてもお話ししています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

オシャレで高品質なバイクグッズはデグナーがオススメです。

私はタンデムスタイルの取材記事と特集記事でデグナー製品をお勧めしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

タイトルとURLをコピーしました